当事務所について

代表司法書士プロフィール


こんにちは、司法書士の林祐司です。

2018年4月に埼玉県さいたま市浦和区で相続・家族信託専門の司法書士事務所を立ち上げました。
2020年の今、年間100件を超える相続、家族信託のご相談をいただいております。

本記事では、私が司法書士を目指したきっかけや、仕事をしていく上で大切にしていることをお伝えさせていただければと思います。

司法書士事務所 相続・家族信託の窓口
代表 林 祐司

1、私が司法書士を目指した経緯

私が司法書士を目指したきっかけは、今から10年ほど前、家族に深刻な法律問題が起きてしまいました。
その時に、ホームページを検索したり、相談に行きましたが、なかなか親身になって話を聞いてくれる先生に出会えませんでした。また、弁護士や司法書士などの士業は敷居が高く、相談に行くのにも勇気がいる経験をして、もっと気軽に、そして親身になってくれる士業の先生がいればいいのにと感じました。

ならばいっそ自分がそういう人間になればいい!と思い立ち、司法書士を目指しました。

2、どうして相続・家族信託専門の司法書士になった?

司法書士試験に合格後、司法書士事務所に勤務して感じたことですが、世の中には相続問題、認知症問題で困っている人、どこに相談していいか分からない人が非常に多いことを知りました。

そこで司法書士を目指したきっかけと繋がり、自分が相続・家族信託の専門家になって、相続問題や認知症問題を解決したい!敷居が低く、なんでも気軽に相談できる司法書士を目指したい!と思い、独立を決意しました。

また、司法書士は不動産売買の立会、会社登記、裁判業務や成年後見など仕事の幅が広く、相続・家族信託専門で業務を行わないと、とても手が回りません。
特に家族信託は非常に高度な知識が要求されます。
常に最新の情報や判例をチェックし、様々な研修や勉強会に参加しないと実務をこなすことはできません。

3、私が大切にしているお客様との接し方

私が昔読んだ本(学校に関する話)の言葉に感銘を受け、今でも仕事をしていく中で大切にしています。
その言葉がこちら
『先生にとっては400人の生徒のたかが1人かもしれないけど、生徒にとっては担任はたった1人しかいない』

この言葉を司法書士に置き換えると、確かに私は毎月多くの方の相談を受けています。
しかし、お客様にとって司法書士は一人しかいませんよね。
さらにお客様にとって、司法書士に相談することは一生のうち一回か二回あるくらいだと思います。
せっかく私を選んで相談に来てくれたのであれば、一人一人のお客様と向き合い、真摯に対応させていただきます。

4、相談、出張費無料の理由

私が試験に合格する前に感じたことでもありますが、弁護士事務所や司法書士事務所は本当に敷居が高いです。

少しでも敷居を低く感じてもらうために、相談、出張費は無料にしています。
さらに、インターネットが普及した世の中では、情報自体の価値は低くなっていると思います。
相談に来ていただけることは、私自身の勉強にもなりますし、相談に来られた時は不安そうなお客様が、帰る頃には安心されていると私も本当に嬉しいです。
なので、実際にお仕事が完成した際には料金をいただきますが、相談の段階ではお金はいただいておりません。

また、1階に事務所を置き、なるべく綺麗で落ち着く雰囲気の内装を心がけております。

1人でも多くのお客様の不安を解決できるように、また、林先生に相談して良かったと言われるように頑張ります。

所属司法書士プロフィール


はじめまして、司法書士の牧原裕子です。

都内の司法書士事務所に3年間在籍しておりましたが、
ご縁があり現在はさいたま市の浦和で相続・家族信託専門の司法書士をしています。

相続・家族信託について豊富な知識と経験を活かし、
お客様目線で分かりやすく丁寧な対応を心がけています。
お悩みを抱えていたり、お困りのことがありましたら
いつでもご相談ください。

牧原 裕子

司法書士を目指したきっかけ

以前、葬儀に携わるお仕事をしていました。
その時に、その場限りの関係ではなく、最後まで身近に寄り添い
相続の手続きに関してお手伝いをしたいと思い司法書士を目指しました。

相続専門の司法書士となった経緯

私が司法書士試験に合格した年に、試験の勉強中にずっと支えてくれていた友人が亡くなりました。
司法書士として初めてしたお仕事が、その友人の相続でした。
そこで、身近な人を亡くす辛さや相続手続きの煩雑さを知りました。
人は突然亡くなります。残された家族が幸せに暮らせるように、
生前・死後にできることのお手伝いをしていきたいと思い、今に至ります。

私の強み

私の強みは3つあります。

1.登記手続きはもちろん、相続・家族信託の専門の司法書士であること
2.フットワークの軽さ
3.親しみやすさ

司法書士は堅く、淡々としたイメージがあると思います。
私は、お客様に寄り添える、話のしやすい司法書士を目指しています。
困ったことがありましたら、一人で悩まずにまずは相談をしてください。

事務所概要


事務所名司法書士事務所 相続・家族信託の窓口
代表者林 祐司
事業内容相続、家族信託専門
所在地〒330-0061
埼玉県さいたま市浦和区常盤 2-17-3
アクセスマップ
電話番号048-749-1111
営業時間9時~21時 年中無休(年末年始除く)
所属司法書士会埼玉司法書士会 第1664号